流氷が沿岸域に及ぼす影響解析への取り組み

地球温暖化により、北海道オホーツク海特有の【流氷】が減少傾向にあります。そのため、流氷の現象が波浪へ及ぼす影響を、波浪の発生要素である風に着目した検討を行いました。

Adobe_PDF_file_icon_32x32 オホーツク海における流氷と波浪・風速の関係について 2015.海洋開発シンポジウム

強非線形強分散方程式を用いた波浪解析への取り組み

現在の弱非線形弱分散方程式で行われている波浪解析に対し、更に高い再現性を実現するため、次世代の解析手法である強非線形強分散方程式(FDI-2LS方程式)を用いた波浪解析への取り組みを行っています。

Adobe_PDF_file_icon_32x32 FSI表面波

水域環境シミュレーションへの取り組み

近年、気候変動が世界的に取り上げられ、それによる水域環境への影響が大きな問題となっています。当社においても、水域環境シミュレーション(Fantom)を用いた水域環境対策への取り組みを行っています。

Adobe_PDF_file_icon_32x32 網走川河口における塩水遡上への吹送流の影響評価 2013.海洋開発シンポジウム

ソリトン形状をもつ河川津波に関する取り組み

河川を遡上する津波の変形を明らかにし、津波災害の減災に関する取り組みを行っています。解析にはFDI-2LS方程式を利用しています。

Adobe_PDF_file_icon_32x32 ソリトン形状をもつ河川津波の発生に関する検討 2012.土木学会北海道支部