防災週間に合わせ、9月4日に「火災を想定した避難訓練」を実施しました。
2階の執務フロアーにある給湯室からの出火を想定し、火が回らないうちに1階へ避難する訓練を行いました。
避難完了の後、安全衛生委員から「想定される災害の種類とその対処法」「普段からの心得」「消火器の設置場所や使い方」について説明がありました。

 

その後、「階段に火が回り2階から逃げ遅れた」場合を想定し、避難はしごを使っての避難訓練を行いました。

普段しまったままの避難はしご を取り出します。
中々難しく、やはり定期的に取り出 す練習が必要です。
他の社員が見守る中、順番にはしごを降り、無事地上にたどり着く事が出来ました。

 

最後に、技術顧問から講評が有り、日頃から心の備えが大切だと感じました。
以上、今回の避難訓練を無事終了することが出来ました。
今後とも定期的に実施して行きたいと考えております。
この記事を印刷する この記事を印刷する